ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

2014年04月

iOS7.1.1へのアップデート

4月26日の朝、目が覚めてiPadを開くとiOSのアップデート情報が設定画面にあった。

今回のアップデートは、iPhone5Sのユーザー向けだろうか?
変更点は以下の3つだった。

Touch ID認証機能がさらに向上

キーボードの応答に影響がある問題の修正

Voice Overがオンの状態でBluetoothキーボードを使用しているときに起きる問題を修正

2つ目と3つめはiPhoneよりiPadユーザーの方が関係ありそうだが、あまりBluetoothキーボードを使っている人は見たことがない。Softbankの人で、何人か使っている人を見たことがあるくらいだ。
私もマイクロソフトのBluetoothキーボードを持っているが、使ったことがない。

そして指紋認証はiPhone5Sだけの機能。
だから今回はiPhone5Sの人向けだと思った。

いずれにしろ、早めにアップデートをお勧めする。 
performance_m7_hero 

IEでネットを見るのは当分NG

みなさんは、インターネットを見るときに、ブラウザは何を使っているのだろう?
多くの人は、Windowsに無料でついてきている Internet Explorer かもしれない。
その Internet Explorer のバージョン6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11(つまり現在使われているほとんどのバージョン)で
脆弱性が見つかった。

Microsoftは4月26日(米国時間)、セキュリティアドバイザリ「2963983」としてパッチファイルを公開し、、この脆弱性を悪用した標的型攻撃がすでに発生していると発表した。
現在、攻撃の標的になっているのはIE9とIE10、IE11。皮肉なことに8までしかバージョンアップできないXPは
攻撃されていない。

ただ問題は、XPはすでにサポートが終了しているので、パッチが永遠に出ないということになる。
またIE9以降も含めて、この脆弱性の修正パッチは出来ていないし、配布もされていない。
当分は、IE以外のブラウザ(例えばChrome、FireFox、Safariなど)を使ってインターネットを見る方が無難だろう。

さて攻撃されるとどうなるか?
攻撃は、訪問者を特別に作成したウェブページに誘導する。
攻撃者がIE内で現在のユーザーを装って任意のコードを実行することが可能になる。
つまり怪しいサイトに誘導されたり、なりすましや乗っ取りをされる恐れがあるということ。

XPのサポートは終了でも、IEのパッチはつくるべきだと思うのだが、マイクロソフトの対応はどうなるのか?
しないのだろうなぁ。ため息だ。
関連サイト
ブラウザ
 

Apache Strutsの脆弱性はちょっと厄介だ

先週末から、Apache Strutsを使ったHPの脆弱性の問題が明らかになって、企業のシステム担当者は右往左往していることだろう。さいわい私の関係先はほとんど使っていなかったので、今はなんとかなっている。

 Apache Strutsの最新バージョンは2014年3月2日に提供された2.3.16.1。ここで休バージョンの脆弱性は消えたはずだったのだが、まだ消えていなかった。

どんな問題があったか?技術的なことをなるべく避けて、簡単に書くと、情報を書き換えられたり、盗まれたりする危険があるということ。そして国内のITベンダー最大手のNTTデータなど多くのシステム関連企業が使用していたということ。そのために公共機関のホームページにかなり脆弱性が出ているということが問題なのだ。

事実国税庁はこの問題のせいで、ネットでの納税申告ページを封鎖した。

この Apache Strutsはすでにサポートが終了している。NTTデータが修正ファイルを作り始めたが、一週間ほどかかるというニュースが流れている。

しばらくは、大手の会社や政府関係でも、ホームページを見に行くのは避けた方がよいかもしれない。
 PC犬MH900082213

駅伝の日

日本初の駅伝が行われたのは、1917年の4月27日。
京都三条大橋から、東京上野まで508kmを3日間で走る駅伝が開かれたそうだ。
今の駅伝は時速20キロ前後だから、一日8時間走るとして今でも3日以上はかかる。
昔のレベルも高かったのだろう。

駅伝は日本発のスポーツ。テレビで中継されると、見てしまう。画面から目を離せない。
正月の全日本、箱根駅伝はかなりの視聴率らしい。
ファンは多いので、東海道53次マラソンを再開したら面白いのではないだろうか?

どうせなら、チーム当たり53人。宿場ごとに交代しながら20チームくらいに絞って競争したら、おもしろい。
学生代表10チーム、社会人代表10チーム。53人も選手がいないチームは他のチームと合体して合同チームを認める。

かなり視聴率が稼げると思う。
images
 

発売前の漫画が海外でネット公開

4月26日は、世界知的所有権の日(World Intellectual Property Day)。
世界知的所有権機関(WIPO)が2000年に制定した。知的所有権をテーマに書きながら、この内容はネットで調べた内容だが、コピペではない。

4/22のWebニュースでは、発売前の日本の漫画が海外サーバーで英語に翻訳されて更改されているという報道があった。知的所有権は著作権と特許のことだろうから、著作権を無視する人間は多いということか?

報道では、少なくとも三つのサイトが発売日の5日前から、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」や「NARUTO(ナルト)」など世界中で人気の作品を公開している。
過去の掲載分も公開されており、例えばワンピースは第1話から700話以上が公開されている。

テレビ番組の一部をYouTubeにアップするのも、グレーか黒だろうと思う。
あきらかな著作権違反は、取り締まるべきなのだろうなぁ。

一方でディズニーのように、どこかの幼稚園児が描いたミッキーまで規制するのは、どうかと思う。
あまり著作権をうるさくいうと、家庭での番組録画もグレーになってきたりするし、
加減が重要なのだろう。

そのいい例が芸能界。今アジアで人気があるのは韓国の芸能人や歌手。日本は韓国ほどの人気はない。
著作権の遵法精神の低い東南アジアを警戒して日本は積極的にアジアに出なかった。
韓国は割り切って、積極的にアジアに進出。CDの著作権で損をしても、ツアーで儲ける戦略をとった。
その結果が人気につながった。

今日本の映像や音楽ビジネスは、あいかわらず東南アジアの違法コピーや違法ネット公開に悩んでいる。
正規の代理店の権利を安くしたり、違う権利を与えることで、違法なネット上の提供を中止するように交渉して効果が出始めている。

著作権。権利はわかるが、損して得とれ。まずは人気を上げてパイを増やすことが重要なのだ。

1206音の日






 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ