ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

2017年09月

数字の出し方と単位はわかりやすいのだろうか?

ニュースを見て、言葉について考えることの続き、数字の単位について考えてみた。

私の頭の中で長さの単位でわかりやすいのは、cm(センチメートル)、距離ならkm(キロメートル)。

だから天気予報で、雨量が100mmと言われると雨量計の深さがなかなか想像できない。頭の中で10センチだと計算して雨量計に雨水が10センチたまったことを想像する。そしてすごい雨量だと感心する。
100mmと言われてから驚くまで一瞬の間が空くのだ。なぜ雨量は10センチではいけないのだろうか?
みんなmmで聞くほうがわかるのだろうか?

天気予報で聞く風速もそうだ。
そもそも風速というのが、時速か分速か秒速かわかっている人が何%いるのだろうか?
気象予報士には常識でも、一般人に風速の意味を聞いて時速か秒速かわからない人はいると思う。

風速40mに達する見込みですと報道する。40mだからまぁ秒速だろうと想像はできるが知識として秒速だと言い切れない人はかなりいると思える。だから風速は40m/sとか40m/秒と言えば少しわかりやすい。しかし風速40m/sも私には、なかなか想像がつかないのだ。

風速40m/sは時速144kmになる。もし風速144km/時と言ってくれたらとてもわかりやすい。
時速70キロですれ違うクルマのことを思い出せるし、プロ野球のピッチャーの投げる球の速度なのかと想像しやすい。新幹線より遅く在来線特急よりは早い。

私は、ここまで考えて、やっと風速40m/sってものがどの程度のものなのか想像ができるのだ。
高速道路でも、140キロというのが台風の暴風並みのスピードだと思えば、無謀に140キロ以上で飛ばす車が減るのではないだろうか?

風速30mは時速108km。無風状態の高速道路を108キロで走るクルマは、風速30mの風を受けていることになるのだから、台風の中の停車している自動車のような風を受けている。
私はこんな計算がないと数字の理解ができない。

天気予報は身近な数字で表現してほしいと思うのだ。

蛇足だが、投手の投げる玉の速度や、テニスのサーブの球のスピードを時速で出されるととてもわかりにくい。大谷選手のボールが時速160キロですと言われても実は想像がつかない。
時速160キロはマウンドとホームベースの距離18mを約0.4秒で飛ぶ。つまり投げてからホームベースに届くまでの時間を出してくれたら、その玉がいかに打ちにくいかわかる気がする。

テニスもおなじで、210キロとか言われるより、サーブを打ってから最初に地面に着くまでコンマ何秒だったのか知りたいと思う。

数字は難しい。




「後で後悔」と「この場を借りて」

文化庁で言葉使いの意識調査をやっった結果が新聞に出ていた。
「後で後悔」という言葉に違和感を感じる人が49%と書いてあった。
「一番最初」や「一番最後」も同じようなパーセンテージだった。

私の世代では、この言葉は笑いを取るための親父ギャグ。最近「後で後悔」と言っても受けない理由がわかった気がした。元旦は元日の朝のことだが、今は元日と同じに使われることも多いらしい。元旦の夜という表現が出てきたそうだ。言葉は変化するのだろう。
韓国ドラマのタイトルで「また初恋」というのがあったから、初めての初恋なんて言葉もありそうだ。

引退宣言をした安室奈美恵さんは、自身の公式ホームページに「この場を借りて・・・」と引退宣言を書いていた。自分のHPなのに「この場を借りて」と表現することに私は違和感を覚えた。きっと本人はあまりHPのないようにかかわっていなくて、スタッフが中心につくっていたのかもしれない。だから自分のHPという意識が薄かったのだろう。

言葉は難しく奥が深い。
後で後悔の違和感数字。49%しかいなかったというべきか、49%もいたというべきか、
表現で同じ数字の意味が変わる。私は、「49%しか」だと思えるが、ほかの人はどうだろう?

そんなことを思ったので、この場を借りて書いてみた。


安室 奈美恵さんの引退ニュースと阿武松部屋の力士さん

安室 奈美恵さんの引退予告ニュースは驚いた。
歌手としてもまだ若いと思うが、激しい踊りをしながらの歌唱は厳しいのだろうか?なんてことを勝手に想像しながらニュースを見ていた。

力士で阿武露という人がいたなぁと、ニュースを見ながら思った。本当はアムウルと読むらしいが長くアムロだと思っていた。安室 奈美恵さんの苗字と同じ読み(と思っていた)だから、なんとなく印象に残った名前だった。ガンダムが好きな人か、安室 奈美恵が好きな人かもしれないと思っていたら、阿武松部屋のロシア人だからこの名前になったとか。

ところで長く幕内力士がいなかった阿武松部屋に、最近幕内力士が誕生してなかなか活躍をしている。
阿武咲という力士さんだ。日本人の何割がこの名前を読めるのだろうか?
オウノショウと読む。幕内に上がらなければ知らなかった。

そして長くアブマツ部屋と思っていた阿武松部屋が、オウノマツ部屋と読むことも最近知った。
こんな読み方反則だよと思うが、昔の横綱に阿武松(オウノマツ)という人がいたらしい。
山口県の萩のそばに阿武の松原(オウノマツバラ)という景勝地があるのだとか。

阿武の松原で検索をかけると、宮城県の阿武の松原(こちらはアブノマツバラと読む)が先に出てくる。地名や人名は難しいと安室さんのニュースを見て思っていた。

がんばれ安室さん、そしてお疲れ様、ついでにガンバレ阿武咲関、阿武露関。


印西市結縁寺の彼岸花

先日千葉県印西市の結縁寺の彼岸花が咲いたと聞いて写真を撮りに行ってきた。

結縁寺は行基というお坊さんが開いたということになっている。本当かどうかはわからない。
この行基さんは歴史の教科書にも出てくるエラーイお坊さんで、弘法大師のように日本中に何かしたという伝説があるお坊さん。

ともあれ、結縁寺はこじんまりとした良いお寺だ。
参拝者も少ない。それでも行くと必ず二人か三人のカメラを持った人がいて熱心に撮影している。
門の赤い屋根がきれいなお寺だ。彼岸花は巾着田ほどの迫力はない。
門

印西八景のひとつだという道標がたっている。
01

近くでシャッターを押せば、広くても狭くてもあまり関係ない。
IMG_4392

田舎なので黒揚羽が飛んでいた。写真を撮るときに蝶がくるとなんとなくうれしくなる
黒揚羽

普通の揚羽も飛んできた。これで私は有頂天。
揚羽

さて、昨日の台風で花が落ちていないことを祈ろう。
‭地蔵

お地蔵様が守ってくれてると、信じたい。




クルマの未来

自分の未来も見えないのに、クルマのミライを見て来た。
Miraiというのが正式名称。メーカーはトヨタ。駆動は電気モーターでその電気をつくるのに水素を燃やしている。つまり燃料は水素で、燃える(=酸素と結合する)と水になり、排気ガスが出ない。

英国とフランスが2040年でガソリン車とディーゼル車の販売を停止すると発表している。9/12の読売新聞報道では、世界一のクルマ消費国中国でさえ、ガソリンエンジンとディーゼルエンジン車の販売禁止を検討しているとか。

アメリカではすでにハイブリッドはエコカー減税の対象ではなくなった。

おのずとクルマの動力は電気モーターに移行するだろうし、その電気の供給方法が電池か発電かということになってくる。過渡期の車としてニッサンはEパワーというクルマを出した。それをつんだノートは快調に売れているらしいが、ガソリンエンジンで発電してモーターで動くというのは、理屈としてはとても矛盾しているように感じる。1ℓのガソリンで排気ガスが少ないのはハイブリッドなのかEパワーなのかかなり疑問だ。
IMG_4366s

トヨタが進めたいのは、この水素発電のクルマ。Mirai。クリーンであることは間違いない。
しかし欠点が二つある。

欠点のひとつ目は、水素ステーションが少ないこと。私の自宅から半径30キロ以内に2箇所。最短18キロのドライブをしないと補給できない。

0から満タンまで約6000円、補給にかかる時間は3分(メーカー発表)。そして約650キロ走れるという(カタログ値)。ガソリン代なら50㍑くらいの料金で650キロだから、もしガソリン代と価格比較をするならこのクルマはリッターあたり13キロということになり、軽自動車よりは燃費がよく、大衆車並みというところか。もちろんハイブリッドよりは遥かに燃費が悪いことになる。
IMG_4361s

欠点の二つ目は価格だ。
メーカー希望小売価格7236千円。
買うときに、クリーンエネルギー補助金が202万円出る。
エコカー減税(他のエコカーでも恩恵があるのだが)が重量税3万円、取得税18万900円。
翌年クリーン特例自動車税22千円。結局520万ほどプラス諸費用でMiraiは手に入る。

普通の人には、手に入らない車なのだ。
政府は、金持ちしか変えない高級車に、補助金を2百万も出しているのだ。
複雑な気分になった。

しかし価格を除けば、Miraiは良いクルマだった。静か過ぎるくらい静か。隣のセールスのセールストークがうるさく感じたくらい静かだった。そしてパワフルで大きな加速。
でも買えない。

さて、Miraiを見て感じた車の未来。やはりモーターしかないだろうとは思う、そして安いのは発電を持たない電池で動く車。ニッサンリーフや世界ではテスラ。今後はジャガーも電動しかつくらないとか発表されていた。

構造的には安いし、シンプルだが、充電に時間がかかることが欠点だ。(写真はPHVの充電風景)
IMG_4356s

急速充電で80%するのに30分は長すぎる。長距離ドライブのとき、SAの充電場所で30分充電するのはちとつらい。

私なら、バッテリーを簡単に交換できるようなパッケージにして、充電済みの電池をレンタルするような方式を考える。各ディーラーでは、充電された電池パックを用意しておいて、電機のなくなった電気自動車が来たら、パッケージを交換する。空の電池は時間をかけてディーラーで充電すればよい。
交換する料金を5千円程度に設定して、バッテリーの所有権はディーラーにしておけば、充電時間の問題がなくなるような気がする。

Miraiを見ながら感じた、私の夢だ。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • Windows10のタスクビューとタイムライン
  • Windows10のタスクビューとタイムライン
  • Windows10のタスクビューとタイムライン
  • 洗濯の時の漂白剤って必要ですか?
  • 洗濯の時の漂白剤って必要ですか?
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ