ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

2018年08月

(Amazon)Prime Photosの使用報告

腰痛で家を出られないとき、AmazonのファイアTVでNetflixと契約したり、Prime Photosの契約をしたり、AirPlayレシーバーをファイアTVにインストールしてiPhoneの画面をTVで見たりしていた。

AirPlayはアップルの端末間を結ぶアプリケーションでBruetoothではなく、(無線)LAN回線経由で情報のやりとりをするしくみだ。これの報告は特にない。ただiPhone画面で写す動画や写真がテレビでも見られるというだけのもの。おもしろいといえば面白いがすぐに飽きる。

Prime Photosはアマゾンのクラウドサービス。パソコンやスマホやタブレットからPrime Photosに画像ファイルをアップすると、そのアプリをインストールしたデバイスやPCのブラウザから、いつでも保存した写真を見ることが出来るというもの。
そういう意味ではGoogleフォトによく似ている。

iOSやAndroidやAndroidフォークの場合、APPストアやプレイストアでPrime Photosを検索してインストールすればよい。PCの場合は、検索ページでPrime Photosを検索してAmazonの中のPrimePhotosのポータル画面に行ける。

もしプライム会員ならそのままPrimePhotosを使うことが出来る。
もしプライム会員でなければ、PrimePhotosを使うことは出来ない。
プライム会員になるには月400円又は年間3900円の会費を払う必要がある。

会員になるとAmazonでの買い物の送料が無料になり、Primeビデオが見放題。見るためのハードはファイアTVを買うか、PS4かPS3のアプリから見るか、最近のテレビはすでにネットワークテレビを組み込んでいる機種が多いのでそのTVをインターネットにつなぐなどの方法がある。

会員になるならないは人それぞれだから無理には進めない。
ここから先はすでにプライム会員になっている人向けの内容だ。

PrimePhotosは、プライム会員なら誰でも使える。
容量は、写真ファイルは無制限、動画やその他ファイルはあわせて5GB。
その他というのは、PDFとかOfficeのファイルなどを預けられる。

無制限というと、Googleフォトと同じように思えるが、Prime Photosはそのままのサイズで無制限に預けられる。Googleフォトはそのままのサイズの場合は15GBの制限がありそれ以上は有料だ。
少しだけ画質を落とす預け方「高画質」を選択すると無制限で使える。

同じ写真を両方に預けてダウンロードしてみた。

Prime Photosに預けたファイルは、4.96MB、ピクセル数は5184×3456。
これは元のファイルと同じ数値だ。
5184

Googleフォトに預けたファイルをダウンロードすると、562kB、ピクセル数は4898×3265。
ピクセル数は縦横共6%程度しか小さくなっていないが、
容量は約1%、つまり99%小さくなっている。

PrimePhotosは自分の写真ファイルの完全なバックアップが出来る。
Googleフォトはどんな写真を撮ったか確認は出来るが、下の画像の品質は保てない。
(といっても普通にプリントアウトするには充分な画質ではある。A3までの印刷に耐える)

スマホの場合、GoogleフォトとPrimePhotosの両方をインストールして写真へのアクセスを許可すると、写真を撮ったときどちらにも自動でアップされる。
しかし写真ファイルは重たいので、どちらのアプリも電話回線では使わないことをお勧めする。

Googleフォトは前述のように写真が軽くなっているので、見るときは電話回線でも良い。
しかしPrimePhotosは見るときも電話回線はおすすめしない。だいいちスマホ画面では画質の差がわからないから見るならGoogleフォトが良いと思う。PrimePhotosを見るのは無線LAN環境で見るべきだろう。電話回線では、通信容量がすぐに上限に達してしまうかもしれない。

PCからPrimePhotosに写真をアップするとき、ピクチャーフォルダーを丸ごとアップ指示するのはおすすめしない。PrimePhotoSはとてもアップに時間がかかる。なるべく小分けでアップするのを勧める。
私の環境では1MB20秒くらいかかったので、最初に少ない枚数を試してからアップすると良いだろう。

Prime Photoの画面はGoogleフォトにそっくり。共有アルバムを作るとか、去年の今日を思い出すページとか、検索する方法などもとても良く似ている。Googleフォトを使ったことがある人なら、迷わないと思う。

私はアップするときかなりうんざりしたが、全てアップした今は、とても気に入っている。

※その後プライムフォトはAMAZONフォトに名称が変わりました。
 2018/10/4追記

UPSを買った

最近の落雷に不安になったわけではないが、珍しく自宅が停電した。
私は普段自宅ではノート(PC)ではなくデスクトップ(PC)を使っているので、急な停電はPCに悪影響を及ぼすし、途中まで書いていた文章や表計算が消えてしまう。

そこでUPSを買うことにした。UPS はUninterruptible Power Supplyの頭文字。
日本語では無停電電源装置。停電のときに使う電源装置のこと。停電のときに使うのに無停電とは変なかんじだが、まぁ、停電がないみたいに動くということかもしれない。

企業では必須のUPSだから、個人でもバッテリーのないデスクトップなら必要だろうと思った。さて買おうとすると、超高価なものから比較的安価なものまでいろいろある。
IMG_3775

色々調べてオムロンの無停電電源装置(常時商用給電/テーブルタップ型) 350VA/210W BZ35LT2という機種にした。配送料込み税込み10,905円。

調べて判ったのだが、出力される電気の波形が2種類あるらしい。正弦波と矩形波。
正弦波は、文字通り昔習った交流電源の綺麗な波形。矩形波はそれがギクシャクした感じの擬似正弦波と言うような波形。バッテリーの電気は直流なので、それを交流にするのに綺麗な正弦波にするのはコストがかかるので矩形波で間に合わせようと言うプアマンズUPSが矩形波だ。

正弦波

電化製品は矩形波でも動くものと正弦波でしか動かないものがあるらしい。
PCやNASの場合は矩形波でも良いのであまり高いものを買う必要はない。

購入してオムロンのソフトをインストールする。
そうずると停電の場合は、UPSからの電源でPCは切れることなく動き続け、自動的にシャットダウンしてくれる。

考えてみたら、録画の多い我が家。レコーダーにも必要かもしれない。

日本橋の高速道路を地下に移設に異説あり

7/26にアップしたブログで、まだ腰が痛いが少し良くなったので那須に行ったと書いた。
実はその後また腰が痛くなり、7/29の台風の翌日、まだ腰が痛むのに上野のエッシャー展に行き、100分も入場待ちして完全に痛みがぶり返して寝込んでいた。
やはり養生というのは必要なのだと思い知った2週間だった。

というわけで、私の意識は止まっていたので、7月末の記事のお話から・・・。
7月30日のBS日テレの「深層NEWS」に五十嵐太郎氏(東北大教授・建築史)と大山顕氏(写真家)が出演して、東京日本橋の上にかかる首都高の地下化計画について話していた。

その内容は、7月31日の読売新聞でうまくまとめてあるので、紹介しておきたい。

建築史が専門の五十嵐教授は「(3200億円という)コストを考えると、景観の復活のみを目的に地下化するのは反対」と話した。計画を進めるのなら、「街づくりに酢触れたデザインを取り入れる仕掛けが必要」と指摘した。
工場の美しい景色をとらえた本「工場萌え」野著者である大山氏は「首都高が上にあるからこそ日本橋はクールでかっこいい場所」と現在の日本橋の景観の魅力を語った。(読売新聞2018/7/31朝刊より)

そうなのだ。我が意を得たりというのはこのことだと思った。
初めて日本橋を見た50年前、すでに日本橋は高速道路の下にあった。
私の中では日本橋と高速道路はひとつの風景なのだ。

便利性が上がらない3200億円の投資は、やはりもったいないと思える

2017年7月27日の私のブログで、この問題に触れている。

無電柱化と日本橋の高速道路地下移設は無駄な投資だと思う

美しいという感覚は人によって違う。
美観の為だけに首都高を地下に持っていくのは無駄使いだと思う。
日本橋




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ