先日訪問した取引先でiPhoneの話題になった。
お会いした4人の中でiPhoneユーザーは3人。そのうちの一人のiPhoneは購入して3か月だが、初期不良なのか スリープボタンが効かなくなっていた。

「このボタンが壊れているので、自然にスリープになるまでこの画面は消えないんですよ」
「それじゃ電源オフもできないですね」
「そうなんですよ、だから買ってから一度も電源オフをしたことがないんです。」

お会いしたのは某ITの企業。システムソリューションを売る会社。壊れていたのはその会社の役員さんだ。
残り3人はSEだったり、課長さんだったり・・・。いずれもシステムの専門家だ。
しかしiPhoneに関する知識はあまり深くない。
私もそのときは聞き流したが、ちょっとググってみたら、答えがあった。

もちろんAppleStoreで修理してもらうのがベストだが、代用方法は Assistive Touchを使うのだ。
設定→一般→アクセシビリティ→Assistive Touchをオンにする。
ここで出てきた半透明のボタンを邪魔にならないところにおいて、ここをタッチする。
四つ出てきたボタンのデバイスを押すと、画面のロックが出るので、そこをタップすると。スリープになる。
akusesibirithi