増税しないと、年金が破たんという脅し文句に負けて、私自身は消費税増税にやむなしと納得はしているのだが、これから年金生活に入る身としては、増税は回避してほしいのが本音。
まして増税を決めた時期より、株価が上がって年金は余剰のお金ができている。

そんなことをぼやいても問題は解決しないので、少しでも節約したいから、今後絶対にいるものを買いだめすることにした。食品は賞味期限があるので、除外して店で買うものとAmazonで買うものをリストにしてみる。

Amazonではコンピューター関連と日用品 の安いものを選択した。
まずはブルーレイディスクの書き込み専用タイプ。25GBのスピンドルタイプを50枚。50GBの2層式を30枚。
50GBタイプは1枚の価格が25GBの2倍以上になるので、本当は25GB2枚に記録する方が安上がりだが、
長い映画などは、1枚にしておきたいし、画質も落としたくないから、少しは必要だ。

次にDVDRの一層式(4.7GB)を50枚とDVDRの2層式を20枚。
DVDR2層式もブルーレイディスクと同じ理屈で一層式の2倍より高い。
なので今一番中途半端なのだが、ブルーレイの発売がなく、DVDしか出ていない2層式の映像ソフトがある。
DVDシュリンクで圧縮して1枚に収めても良いのだが、できれば同じ画質でコピーしたい。

次にプリンタのインクだ。
自宅にFAX兼用の4色プリンタと、6色のプリンタがあってどちらも無線LAN対応だ。
FAXはほとんど使わないので、プリンタ用の6色。一応純正を選ぶ。互換性のあるサードパーティーの物は安いが使ったことはない。

そして単身赴任で住んでいるアパート用。
こちらも無線LAN対応のものと、昔から使っているUSBでつなぐプリンタがありインクの種類が違う。
USBタイプは印刷が早いので、デスクトップではこのプリンタを使い、ノートでは面倒なので無線LANプリンタを使う。これをワンセットずつ。3セットで1万6千円くらいになった。

日用品は、温水洗浄式便座専用のトイレットペーパーを自宅とアパート合わせて36ロール。
これは安かった。

次に店での買い物。
まずはタバコ。3カートンくらいは予備が欲しい。
次に、ティシュー。これはAmazonが高かったのでスーパーで買った。
鼻にやさしい保湿タイプのティシューにした。そして洗剤も買った。

そして最後に、買うものではないが、床屋にいくことにした。
月末ぎりぎりでは、混むのではないかと思い頑張って行った。

なんてせこい買い物。清貧を理想としても、増税があるとすぐに対策に走る小人。
悟りの境地は程遠い。

働けど働けど我が暮らし楽にならざり、じっと財布の中を見る

字余り。
hl24_12