渡辺さんの借金問題を話しているとき、ある人がDHCは「大学翻訳センター」のことだと言った。
私は知らなかったので、さっそく会社概要とウィキペディアを調べてみた。

資本金39億円、売上高1140億円、利益114億円の優良企業だ。
企業の概要によると通販の会員は1176万人(ウィキでは1180万人、自社の発表が少ないのは珍しい)
企業発表には、ただ翻訳事業を始めたと書いてあるが、ウィキでは確かに「大学翻訳センター」だったと書いてあった。

本来の翻訳も現在日本では最大手となっており、通販の化粧品でも最大手、最近始めたアパレルも順調らしい。
健康食品サプリメントに赤沢の温泉事業と手広くやっているが、ファンケルとの特許訴訟など、過去にはいろいろあったもようだ。

これを調べたのは、借りる渡辺さんも悪いが、そんなやつに大金を貸す吉田という人は
どんなやつだと思ったからだ。 
創業から40年で大成功を収めた立志伝中の人物が、悪い政治家に大金を貸して、仲が悪くなって週刊誌に暴露。
なんだかうさんくさいと思うのは、私だけだろうか?
 st_main