先日はじめてのアクションカメラを購入して色々試しているとき、バッテリーを外した時に時計が止まるのはとても不便だと思い調べてみたら、ファームウェアのバージョンを上げるとバッテリーを外しても時計が止まらなくなると言う記事を見つけました。

早速サポートにメールすると30分もしないうちに返信が来て、バージョンアップ用のZIP ファイルが添付されていました。
購入時のバージョンは更新日が2018年1月でバージョン番号は、R320170923V1.0でした。
添付ファイルをダウンロードして、右クリックして「すべて展開」にしてフォルダの中身を昔使ったことがある2GB のマイクロSDにコピペしました。現在は64GBぼマイクロSDがさしてあります。

カメラを起動すると数秒間画面真っ黒でランプが点滅となり10秒ほどで終了しました。バージョンはV1.0という単純な番号に変わり、更新日が2018年5月18日となっています。2019年8月に購入したんだから、最初からこのファームウェアを入れておいてほしかったです。
アタッチメント

アクションカムには、いろいろアタッチメントはついていましたが、身体に固定したり、クルマのダッシュボードに固定するにはアタッチメントが不足気味です。Gopro用のアタッチメントセット(サードパーティ製です)を買いました。2420円でした。
image1

届いていろいろ試したらネジのサイズとネジ穴は共通ですが、質感や厚さが違っていました。カメラに最初から付いていたアタッチメントは華奢で今回のものは丈夫そうに見えます。プラスチック同士で差し込むアタッチメントは、最初からついていたものと今回のものは互換性がありませんでした。やはりGoPro用だからモノがいいのかもしれません。

さて、今週の休みは明後日。いろいろ試し録りをしてみたいと思います。