ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

お気に入りスター

招き猫の日に、Cat Powerはいかが?

Cat Powerさん。本名はショーン・マーシャル(Chan Marshall、1972年1月21生まれ)
アメリカのシンガーソングライター。デビューは1995年だが、私が知ったのはつい最近のこと。
テレビドラマ、パーソン・オブ・インタレストを見ていてある回のラストに流れてしびれた。

iPhoneのSoundHoundを起動して、曲名と歌手を調べたら、CatPowerのNewYorkという曲だった。
アマゾンで検索してその曲がJukeBoxというアルバムにあることを知って、即刻注文。
2週間たってもまだ来ない。とりあえずその曲だけiTunesからおろした。

そして今日は招き猫の日。
CatPowerを聞けば福がくるかもしれないと思って、聞きながらこの稿を書いている。

ウィキの記事には、

ちなみに、Cat Powerという名前とは裏腹に実は愛犬家で猫嫌いである。

と、書いてあった。

名前の由来は、なぞのままだ。
Cat+Power+chan


 

KODALINE(コーダライン)-In A Perfect World

FOXで放映しているオーディション番組が好きで、今は毎週「アメリカンアイドル」のシーズン13を楽しんでいる。
「アメリカンアイドル」は、過去にケリー・クラークソン やキャリー・アンダーウッド、アダム・ランバート、ジェニファー・ハドソン、デビッド・クックなどのそうそうたるスター歌手を輩出した番組だ。

今年のシーズン13は、結果発表の回に、審査員お勧めの期待のアーティストを、ゲストに招いてパフォーマンスを見せている。
KODALINEは、去年まで審査員で今年からコーチに回ったランディ・ジャクソンが推薦したグループ。
アイルランド出身の4人編成のロックバンド。一度聞いてすぐにCDアルバムを購入した。
まだ「In A Perfect World」というアルバムしか出ていない。

このアルバムは、アイルランドでは初登場1位を記録して、イギリスでも人気が出ている。
アメリカでも売り込もうということで、紹介されたのだろう。

どんなグループかというと、演奏とコーラスはマムフォードアンドサンズ。リードボーカルの歌声はエド・シーラン。
これが一番的確な表現だと思う。マムフォードアンドサンズは私のお気に入り、エドシーランはお気に入りまではいかないが、一応嫌いじゃない歌手。

この組み合わせなので、なかなか感じがいいサウンドのグループだ。

残念なのは、アメリカンアイドルのカメラワーク。
上を向いて歌うボーカル(スティーブ=右から2人目)を、下から映していたので、
見えていたのは、鼻の穴ばかりだった。
kodaline


 

Just Give Me A Reason

今日はミキパパの誕生日。誰も祝ってくれないが、ごちそうを食べたい。

ではブログの本題へ

今年のグラミー賞でP!NKの宙吊りパフォーマンスの歌の次に披露されたのがこの曲
Just Give Me A Reason(ただ理由を聞かせて)。
P!NKと、FUNのボーカルのNate Ruess(ネイトルイス)のデュエット曲だ。

グラミー賞にベストデュオ候補としてノミネートされたが惜しくも受賞できなかった。
とても良い曲で お勧めだが、アマゾンでは2トラックのシングルCDが1791円なので、少し高い。
それより TRUTH ABOUT LOVEというアルバムに入っているので、
こちらを買う方がお勧めだ。この曲だけならiTunesストアで200円。

 この曲をテーマにしたのは、グラミー賞での歌唱のできがあまり良いとは思えなかったからだ。

グラミー賞の舞台で緊張したのか、興奮したのか、ネイトの歌唱は上ずり、音程が上に少しずれていた。
もしかしたら、CDではピンクが歌っているパートをネイトが歌ったせいかもしれない。
おかげでピンクとのハーモニーがあまりきれいではなかった。
だからこのときは何気なくこの曲を聞き流していた。

ところがP!NKのライブ映像を見てこの評価が変わった。
ネイトのパーツはあらかじめ録音された音楽が流れ、それにピンクが生で合わせる方法で歌われたこの曲。
おどろくほどきれいなハーモニー。レディ・アンテベラムにせまるハーモニー。
さすがにクイーンのフレディの再来と言われるネイト。ちゃんと歌えばできるじゃないの。
メロディラインのきれいさにすっかり魅了されてしまった。

このライブの出来はさきほどのCDよりも上だと感じた。

歌詞は下記のサイトから見て下さい
歌詞 
pink-just-give-me-a-reason1-300x300 

ミュージックの日

ミュージックの日。3月19日の語呂合わせなので、海外では通用しない日だ。
通用しないが、洋楽が好きなので、好きな洋楽のことを書こう。
昨日はFUNとP!NKのことを書いた。

中学まではクラシックばかり聴いていたが、高校からはロックやフォークソングを聴くようになった。
ロックを聴くとき、ちょっと不良になったような、高揚感と後ろめたさがあった。
なにしろ、喫茶店に入るのが不良だったころの話だ。

エレキギターの流行。ビートルズ、チャカチャカチャカチャカチャカで始まったベンチャーズミュージック。
寺内たけしを経て、 GSを聴きモンキーズを聴き、ウォーカーブラザーズ、CCR、ドアーズ。ジャニス・ジョプリン。
プレスリーもまだ生きていた。

仕事が忙しくなってから、しばらく音楽を聴く時間が取れなくなった。
それでも、一応流行は追いかけるミーハーだ。
最近のお気に入り、男では、マルーン5、アダムランバート、ブルーノマーズ、マムフォード・アンズ・サンズ、
女の歌手では、トニ・ブラクストン、リアーナ、クリスティーナ・アギレラ、キャリー・アンダーウッド、アデル、
もちろん先日紹介したピンクやケイティペリーやFUNも好きだし、レディアンテベラムもいいと思う。

時間が足りない、死ぬまでにあと何曲聴けるだろう。
そう思うこのごろだ。
 pink-the-truth-about-love-1347309112

ケイティ・ペリー

2013年にもっとも活躍した歌手といえば、なんといってもケイティペリーだろう。
2010年発売のアルバム「ティーンエイジドリーム」からシングルカットされたCDが6曲全米1位になった。

ウィキによれば、
「 キャサリン・エリザベス・ハドソン(Katheryn Elizabeth Hudson、1984年10月25日 - )はケイティ・ペリー(Katy Perry)の芸名で知られるアメリカ合衆国の女性シンガーソングライター、ミュージシャンである。」
今年のグラミー賞授賞式では、火の中で歌っていた。 

この人、ツイッターのフォロー数が世界一だそうだ。収入は2011年で4400万ドル。35億円以上。
まだ29歳でこの活躍。才能のある人がうらやましいと思う。

お勧めの曲は、ファイアーワーク ユーアーソーゲイ カリフォルニアガールズ。
 ダウンロード (1)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ