ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

iOSとMac

GboardはiPhoneにもお勧めの文字入力アプリです

先日受講したスマホ講座で、 Android8.1の富士通アローズを借りた管理人です。
言語と入力の設定で入力を確認したら「Super ATOK ULTIAS」というのが入っていて、フリックオンリーの設定に出来ない設定でした。

講師はドヤ顔で、フリック入力の説明をしていましたが、同じキーを2度打つとトグルになる設定なので、フリック入力の恩恵は半減です。帰宅してから、Androidデバイスの日本語はどうなっているんだと色々調べてみたら、Google日本語入力のものや、その他各メーカーが開発したものなど、たくさん種類があることがわかりました。

インターネットでいろいろ読んだ記事では、グーグル日本語入力を入れることを勧めてイルきいが多かったですが、Gboardを勧めている記事もありました。
APPストアにはGoogle日本語入力はありませんが、Gboardはおいてあり無料でダウンロードすることが出来ます。

現時点(2019/7/28)では、Google日本語入力はパソコンとAndroidにインストール可能(Androidは機種によっては、最初からインストールされています)
GboardはiPhoneとAndroidにインストール可能ですが、パソコンにはインストールできません。MACは未確認ですが、Googleがおそらくスマホ専用に作った文字入力アプリなのでMACもインストール出来ないのではないかと思っています。

Gボード01

インストールして早速アプリアイコンをタップすると、
手順1/2という画面が出てきました。
「キーボード」をタップする。
Gboardを有効にする。
「フルアクセス」許可をオンにする。

Gボード1

キーボードマークをタップしてからフルアクセス許可をオンにしたら、
怖い文章が出てきましたが、かまわず許可します。
4G0

これで使えるようになりました。

g1

最初はGboardアプリの設定をします。日本語入力を上記のようにしました。日本語はフリックのみの入力。そして英語はクワーティ配列になります。実を言うとスマホ歴よりPC 歴史のほうが長い私のような老人は、少なくとも英語はQWERTY配列のほうが楽です。
g2

日本語入力のときはこうなります。
g3

英語入力はこうなります。
g4

左上のGのマークをタップすると、検索や翻訳などが出て、画面を切り替えずにこういう情報を文書やメールに貼り付けられます。もちろんYouTubeの映像を貼ることも可能です。
g5

設定でお気に入りのステッカーを選択してくと、絵文字マークでステッカーも出てきます。
LINEにも貼れます。大きく表示されているのは、管理人が一度使ったステッカーです。

iPhoneの機能で文字盤の上で少し強めに押して、指を滑らすと、カーソル位置が移動する機能があります。この機能がなくなるのではないかと心配しましたが、Gboardでも使えました。これがあるとすでに書いた文字を修正する時に、カーソルをうまく修正したい文字のところに移動しやすいので便利です。

ここまで使ってみて、iPhoneでの文字入力にもGboardはいい事ずくめだと思います。
ぜひ使ってみてください。


iPhoneのスクリーンショットのファイル形式をjpegにする方法

ふみの日と府民の日というブログを以前書いたことがあります。今読み返すと昔の自分の思い出がよみがえるような気がします。昨日文字サイズをプラス1にして、スマホの文字も大きくなることが確認できましたので、これからはこの文字サイズで書いていきます。

ふみの日、ふみは伝わることが重要で(本当は伝わったあと、相手を動かすことがもっと重要ですが、それも伝わってこそのお話です。)伝えるためには読みやすい文字と思いました。

選挙が終わり、投票したいと思う候補者がいない中でなんとか投票したことを思えば、選挙結果に言いたいことはありますし、選挙以上にTVが取り上げた関西のお笑いタレント事務所のことにも言いたいことはありますが、あまり重たい話題や、暗くなるような話題は可能な限りは避けながら、楽しい記事を書きたいと思うのです。

iPhoneのスクリーンショットのファイル形式について
私のメモです。

iPhoneは初期設定でカメラのシャッターを押すと、撮影した画像はHEIC形式となり保存されます。いろいろな方がブログで説明しているとおりです。
私も過去に書きました。

ところが不思議なことに、iPhoneのスクリーンショットを撮ると、保存されるファイル形式はPNGになってしまいます。MicroSoftのペイントで画像本するとき最初に出てくる形式候補のあのPNGです。

.HEICのファイルがjpegより軽いからという理由で、jpegをやめたAppleがなぜjpegより重たいはずのPNGで保存させようとするのか不思議です。もちろん一度縮小しても拡大できるというのは知っていますが、それでもPNGにする意味はないような気がします。

そこでiPhoneのスクリーンショットを撮ったあと、すぐにその写真を開いて、右上の編集ボタンをタップします。
image2s

画面右下のごみ箱のさらに下のマークをクリックします。
image3s

マークアップをクリックします。
image4s

右上の完了ボタンをクリックします。
image5s

右下のチェックマークをクリックして終了です。
image6s

これでiPhone内のPNG画像がjpegに変わります。
画面が暗くてすみません。これでiPhone内の画像ファイル全体が少しでも軽くなれば、うれしいですね。心の重荷も、簡単に軽くなる方法が知りたいです。



スマホ用レンズは安くて楽しいおもちゃだった。

楽天でiPhone用レンズを見ていたら、魚眼レンズとマクロレンズと広角レンズが3個セットで257円で販売されていた。税抜きではあるが送料無料だった。おまけに二つ買うと5%引きという、通販特有の単価アップ作戦に乗せられて、2個注文してしまった。ひとつは息子に上げれば父の日に何かくれるかもしれない。

image1

数日で届いた。

ちゃんと収納袋がついていて、アダプターとレンズが3つ。その中でマクロと広角は2つ組み合わせて使うようになっている。送料無料税抜き257円は安い。
形状からみて、アンドロイドでも使えそうだと思ったが、試していないからわからない。

面白かったのは魚眼レンズ。
image8

こんな風に写る。
当分遊べそうだと思った。

HEIFファイル(拡張子.HEIC)をjpegにする方法

iPhone7以降の機種でiOS11以降のOSの場合、カメラで撮影したファイル形式は、HEIF(ヒーフと読む)ファイルとなり、拡張子はドットHEIC(ヘイク)になることを、昨日のブログで書いた。残念ながら現時点(2018/04/07現在)では、フリーソフトをインストールしない限りWindows上ではHEIFファイルを開くことはできない。

高価なPhotoショップやサイバーリンクのフォトディレクターでも開けない。EPSONのプリンタ用ソフトのE-PhotoはHEICどころかPNGにも対応してない。WindowsPCのフォルダに落としたHEICファイルは、フォルダの中でこんな状態で見えるだけだ。
HEIC3

MACもOSがシェラまでは同じ状態で、ハイシェラにアップデートしないと。HEICのファイルが開かない。

しかしiOS11はそのことに対策を取ってくれている。

方法1)画像をjpegで保存する設定・・・HEIFファイル形式にはしない方法
設定の中のカメラをタップして、互換性優先にチェックを入れる。
(デフォルトの高効率は.HEICで保存される)
しかしこの方法はせっかく空き容量を増やすための設定がうまく活かされていないことになり、
容量の小さなiOSデバイスを使っている人にはあまりお勧めできない。
image1

方法2)WindowsPCに移すときだけjpegに変換する。
ライトニングケーブルを使ってPCのUSB挿し込み口につないで、画像をPCにコピペするときに
そのままやるとHEIFファイルのままコピーされる。
そこで今度はカメラではなく、写真の設定画面を開き、最下段の付近にMAC又はPCに転送のところで「自動」にチェックを入れる。

image4

そうするとライトニングケーブル経由で見るPC のDCIMフォルダの中がjpegになっているのだ。
こんな風に見える。
フォルダの中

つまり転送(コピペ)するとき、jpegになって転送されるのだ。

方法3)Googleフォトにアップしたとき、右クリックで「名前をつけて画像を保存」を使う。
iPhoneにGoogleフォトを入れていると、撮影した写真は自動でGoogleフォトにアップロードされる。
このファイルは拡張子が.HEICのままアップされるが、PCのブラウザ上で画像として表示され、情報を見なければHEIFファイルとは気づかない。

しかしこのファイルの右上のメニューボタンからダウンロードを選択すると、HEIFファイルのままダウンロードされてしまい、PC上で見ることも印刷することも出来ないのだ。
HEIC1

ところが、ふしぎなことに、表示された画像の上で右クリックし「名前をつけて画像を保存」にするとなぜかjpegで保存できるのだ。
HEIC2

想像だが、Googleは写真を表示するときにjpegに変換してブラウザ上で表示しているのではないだろうか?だから画像を保存の場合はjpegで保存されるが、ダウンロードの場合はファイルのままの状態で降りてくるから.HEICで降りてくるのだと思う。

その他の転送
エアドロップやメールに添付するときは、自動でjpegに変換してくれるので、写真をメール添付するときや、エアドロップで誰かに画像を送るときは問題がない。またインスタなどにアップするときも、jpegに自動変換されるらしい。これは未確認だが、複数の人がネットで書いているし、メールで変換されるから間違いないだろう。

Windows10では次回のアップデートビルド番号1803で、。HEICに対応するという噂がある。
対応されなくても、上記の方法でそれほど困らないが、対応してくれたら、PCの中の保存もjpegではなくHEIFファイルで保存できるので容量節約になるかもしれない。




  

HEIFファイル(拡張子ドットHEIC)のためにMACをハイシェラに

私のMACはライオン時代のもの。購入してすぐにヨセミテにし、昨年シェラにアップデートした。アップデートのたびに少しずつ遅くなってるようなので、もう次のアップデートはしないつもりだったが、先日ついにハイシェラにしてしまった。
ハイシェラ

理由はiOS11になってから、iPhone7以降の機種の画像ファイルがJpegではなくなり、HEIFファイル(拡張子はドットHEIC)になったからだ。ヒーフファイルと読み、拡張子はヘイクと読むらしい。

このファイルをAppleが採用した理由は、ファイルサイズが同等の画質なら、Jpegのほぼ半分になるからということだが、本当に小さいかどうか、確認したことはない。
この拡張子がHEICのファイルはとても厄介で、WindowsPCの標準の仕様やソフトで開くことは出来ない。だからWindowsで開くためには、フリーソフトをインストールが必要となる。

実はMACもシェラでは開かない。ハイシェラからHEIFファイルが開くようになったのだ。
そこで、仕方がないからアップデートした。約4時間かかった。

このHEIFファイル、iOSデバイス上では、勝手にJpegに変換されたりされなかったりする。
どういう時に変換されるのかは、次回の記事で書いていきたい。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • Windows10のタスクビューとタイムライン
  • Windows10のタスクビューとタイムライン
  • Windows10のタスクビューとタイムライン
  • 洗濯の時の漂白剤って必要ですか?
  • 洗濯の時の漂白剤って必要ですか?
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ