ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

ニュースから

風速は秒速ではなく時速で表現して欲しい

2017年9月24日に書いたブログ。
数字の出し方と単位はわかりやすいのだろうか?
先日天気予報を見ていて、この記事を思い出した。
興味がある人は、タイトルにリンクを貼ったので見てほしいが、忙しい人のためにざっと内容を書く。

風速は秒速40mと書くより、時速144kmの方がわかりやすいのではないか?なぜなら車で時速100キロを体験しているし、プロ野球の投手の球速も140キロ前後だから想像がつきやすい。
雨量も30mm100mmというより3センチ10センチの方が想像がつくのではないか?

そんなことを書いた。
気象庁がわかりやすい表現を出すのが苦手だということは、過去の警報注意報のわかりにくさで証明されているが、こういう単位の表現も同じように思えてならない。
台風

先日天気予報を見ていて、熱帯性低気圧が台風に変わったという報道を見た。
台風は風速17.2m以上と定義されているから風が強くなったので台風になったのだと説明されていた。
そういえば昔台風は17.2m/s以上、ハリケーンは32.7m/s以上とか習った覚えがある。

なぜこんな中途半端な数字なのか調べると、アメリカで風速34ノット以上を台風、ハリケーンは風速64ノット以上と定義されているから、四捨五入を考えて33.5ノット(=17.2m/s)以上を台風としたという。昭和28年からそうなっている。

そのことがわかったとき、別な疑問が沸いた。
ノットは時速だ。なぜ日本の風速は時速何キロではなく秒速何メーターなのか?

ノットは時速1海里。1海里は1852m。戦艦大和は時速27ノット以上だとか子供のころ覚えた。
1海里は緯度の1分の長さ。ややこしいが1分は1度の60分の1緯度がなぜ1度以下を10進法にしないで60進法にしたのか不思議だが、とにかくそういう長さだ。

そんなことはどうでも良い。なぜ時速で表すノットを換算するときに自足ではなく秒速にしたのか?
不思議だ。秒速17.2mと時速62キロ。どちらがわかりやすい?車に乗って一般道を60キロで走る私には明らかに時速だ。気象庁の人は、車にのらないのだろうか?


日本橋の高速道路を地下に移設に異説あり

7/26にアップしたブログで、まだ腰が痛いが少し良くなったので那須に行ったと書いた。
実はその後また腰が痛くなり、7/29の台風の翌日、まだ腰が痛むのに上野のエッシャー展に行き、100分も入場待ちして完全に痛みがぶり返して寝込んでいた。
やはり養生というのは必要なのだと思い知った2週間だった。

というわけで、私の意識は止まっていたので、7月末の記事のお話から・・・。
7月30日のBS日テレの「深層NEWS」に五十嵐太郎氏(東北大教授・建築史)と大山顕氏(写真家)が出演して、東京日本橋の上にかかる首都高の地下化計画について話していた。

その内容は、7月31日の読売新聞でうまくまとめてあるので、紹介しておきたい。

建築史が専門の五十嵐教授は「(3200億円という)コストを考えると、景観の復活のみを目的に地下化するのは反対」と話した。計画を進めるのなら、「街づくりに酢触れたデザインを取り入れる仕掛けが必要」と指摘した。
工場の美しい景色をとらえた本「工場萌え」野著者である大山氏は「首都高が上にあるからこそ日本橋はクールでかっこいい場所」と現在の日本橋の景観の魅力を語った。(読売新聞2018/7/31朝刊より)

そうなのだ。我が意を得たりというのはこのことだと思った。
初めて日本橋を見た50年前、すでに日本橋は高速道路の下にあった。
私の中では日本橋と高速道路はひとつの風景なのだ。

便利性が上がらない3200億円の投資は、やはりもったいないと思える

2017年7月27日の私のブログで、この問題に触れている。

無電柱化と日本橋の高速道路地下移設は無駄な投資だと思う

美しいという感覚は人によって違う。
美観の為だけに首都高を地下に持っていくのは無駄使いだと思う。
日本橋




詐欺のようなかぼちゃの馬車(スマートデイズ)倒産事件報道を見て

シェアハウスの運営会社スマートデイズ、商標はかぼちゃの馬車の倒産ニュースは、かっこうのワイドショーネタになっている。

しくみはこうだ。
かぼちゃの馬車は、シェアハウスを建てる、土地代金や建築費は一般の人からオーナーを募集する。
募集するにあたって、かぼちゃの馬車はオーナーに対して30年間の家賃定額保証を行う。
オーナーは入金される家賃から、土地代や建築費として借りたお金を返済していく。

シェアハウス入居者からの家賃をかぼちゃの馬車が受け取り、その中から保証した家賃をオーナーに払う。始まったころは毎月30万から50万くらいの家賃収入があり、ローンを払っても数万円が残っていたらしいが、ある日突然、家賃を払えなくなった。

もともとオーナーに 約束した家賃は入居率100%でも払えない金額だった。かぼちゃの馬車は普通の愛くらいの建築費をオーナーに払わせて、その収入で自転車操業していたから、破綻するのは時間の問題だった。

ワイドショーはこの商売の悪どさを報道し、だまされたオーナーは、なぜだまされたのかと、嘲笑するような報道をしていた。

さて、なぜオーナーに銀行は金を貸したのか?普通なら一般サラリーマンのオーナーたちに億単位の金を貸す銀行はない。調べていくと、借り入れの書類に、うその収入を書き、銀行預金の残高証明書を10倍以上の金額に改ざんして、銀行に出していた。

それでも、普通の銀行なら、この仕組みの怪しさを疑い、金は貸さないはずだが、スルガ銀行だけは違った。このオーナーたちへの有志のほとんどがスルガ銀行からの融資だった。
昨日、金融庁がこの件で調査に入っているから、この銀行は限りなく黒に近いグレーだと思う。

もしかしたら、書類改ざんにもかかわった可能性があり、現時点では改ざん書類で融資したことを銀行も認めている。

以上が、この事件の顛末だが、ここまでは事件を知らない人のためのあらすじであり、前置きだ。
実はこの報道の中で、ワイドショーはスルガ銀行のことをこう紹介していた。
この紹介の仕方がすごく奇妙だったので、この記事を書いたのだ。

「某大手地方銀行」散々この言葉を使って長い前置きをして、最後にやっとスルガ銀行が・・・
という展開だった。

大手地方銀行はすごい言葉だ。
地銀と言うのは預金量から見ても利益から見ても従業員数から見ても、都市銀行に比べてはるかに小さい。つまり企業で言えば中小企業だ。地銀に大手などないと思う。

では、地銀の中で、スルガ銀行は大きいと言いたいのだろうか?
H28年度、預金額は地銀64行中27位だ。純資産30位。これが銀行の大きさだ。
経常利益だけ5位だが今年はかぼちゃの馬車で返済不能金が多いから、株がストップ安状態で利益は大幅ダウンする。

64行中27位。せいぜいい中堅地銀だろうと思う。どう見てもスルガ銀行は大手地銀ではない。
ワイドショーのディレクターのみなさん。大手地銀などという言葉、軽々しく使って欲しくはありませんぞ。

葛飾区の中学生自殺がいじめに該当せずに怒り

4年前自殺した中学生の問題で、区が設置した第三者委員会は、社会通念上のいじめにはあたらず、自殺との因果関係は認められないとする報告書をまとめました。そんなニューズをNHKで観た。
これでは、クラブ活動中、同級生に水をかけられ、ズボンを脱がされそうになった当日自殺した中学生が浮かばれない。

NHKのネットニュースから引用すると、
男子生徒が自殺した当日、部活動のチーム決めが希望通りいかずうずくまっていたところ、複数の生徒に霧吹きで水をかけられたり、ズボンを脱がされそうになったりしたとしています。
報告書では、こうした行為はいじめ防止対策推進法で定義されているいじめに該当する可能性があるものの、社会通念上のいじめにはあたらず「ふだんの遊びの域を超えないもの」と認定し、自殺との因果関係は認められないと結論付けています。

これが社会通念上のイジメにあたらないなら、第三者委員会のメンバーの報告の場で、水をかけ、ズボンを脱がせて観ればよい。委員長の平尾潔という弁護士さんは略歴を見るといじめ問題の専門家のような略歴だが、依頼者が学校と区だから、公平な第三者にはなれないのだろうと思える。

今、お役所ほど信用できないところはないと思うこのごろ、
一番だらしないのは、年金機構、一番有罪に近いのは財務省理財局、一番腹黒いのは文部科学省(前川さんの講義に対する質問状でそう思った)。せめて第三者委員会はまともな人を選んでほしい。学校側や教育委員会が委員を選ぶからこういう変な結論が出てくるのだと思う。

ながらスマホ事故に求刑以上の判決のニュースを見て

歩きスマホが危険だとメディアは報道している。
今日のニュースでは、スマホ中の追突事故の運転手ではながらスマホ注の事故にに対して求刑以上の判決がされたと報道された。

内容は、スマートフォンを見ながらトラックを運転して多重事故を起こし、5人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた新潟県見附市の元トラック運転手に対して、大津地裁が19日、禁錮2年8月の実刑判決を言い渡した。検察側が求刑していた禁錮2年を上回った。

裁判官は「ながらスマホ」の運転について「運転手が小さな画面に意識を集中させてしまう」として、新しい事故原因の形態に当たると指摘。検察側の求刑は従来の過失の類型に当てはめて過小評価していると述べた。
(日経ニュースより)

変な判決だと思えてならない。歩きスマホも含めて、ながらスマホは良くないという報道の仕方にも疑問を感じた。
誤解のないように書いておくと、この2年8ヶ月の禁錮が長いとか短いというのではない。妥当な長さかもしれないし、5人を死傷させたことを考えれば軽すぎるかもしれない。

私が不思議に思うのは、なぜスマホだけがいけないのか?ということだ。
純正カーナビは走行中捜査できないことが多いが、カーナビなら見ても良いのか?速度計は?
まぁ、目線があまりフロントグラスから動かないですむから良いのかもしれないが、前方ではない場所を見ていることに変わりはない。

特にスマホという点にひっかかる。昔からガラ携のメールを走行中に見る運転手はいたし、歩行中や自転車で携帯画面を見るやつは今もいる。ガラ携の画面はスマホよりもっと小さい。だからこの判決で小さな画面を見るのが危ないというのは、本当かも知れないが、大きい小さいの問題ではないだろうと思う。小さな画面と判決文にあるから、変な判決だと思ったのだ。

ながらスマホや歩きスマホはいけない?わたしは運転中スマホの音楽をBruetooth経由で聞いている。歩いているときはイヤホンでスマホの音楽を聴いている。厳密に言えばながらスマホだ。

歩いているとき、スマホのナビ画面を見るのはいけないことか?

だから、ながらスマホなどという実態の分からないことをいけないというのではなく、運転昼夜歩行中にしてはいけないことは、何と何とはっきり規定すべきだと思う。

むかしこんな話があった。
病院では医療機器に影響があるから携帯電話は禁止。しかし外見が携帯そっくりのPHSは電波が弱いから医療機器に影響は与えない。

運転中携帯電話での通話は禁じられている。PHSは良いのか?
まぁ、PHSは高速移動中はほとんど通話が使い物にならないから使う人間はいないのだが、
スマホでLINE通話はしてもよいのか?携帯回線は使っていない。

実は私は運転中スマホで通話することがある。Bruetooth経由でハンズフリーで会話が出来るから、違法にはならない。しかしながらスマホがだめとなると、これもいけないのか?
そんなことはあるまい。

トラックの運転手が渋滞中に新聞や漫画を読んでいるのを見かけることがある。
これはいけないだろうと思うのだが、スマホ画面でニュースや漫画を見たらバツで、紙の新聞や漫画なら良いのか?

こうして考えると、スマホだけが目の敵にされているような気がしてならない。
運転中は運転に集中すべきというのが本当の結論だと思う。
二宮金次郎さんに、聞いてみたい。
P38ninomiya_aflo




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ