ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

Windows Office

Windows10Ver.1903 OSビルド18362.267の色が変わった?

久しぶりに仕事を始めたので、ここ数日疲れて動けませんでした。身体がなまっているというのはこういうことなのかと、実感しています。おまけに年に一度の恒例行事のようにやってくる腰痛が再発しそうで、腰にサポーターを巻き、アリナミンをのみ、身体をいたわりながらの肉体労働しています。

今日はお休みなので、ノートPC3台を起動し、アップデート。ビルド18362.239から267へのアップデートをしつつMACも久しぶりにOSの更新をかけています。このブログを書いているデスクトップは、すでにビルド番号18362.267になっています。
色02

さてこのデスクトップは、18362.267になってからスタートの背景やタスクバーの色が黒基調から明るいグレー基調になり、画面が明るく感じられ眩しいくらいになりました。
色03

スクリーンセーバーで水玉ををかけてみると、黒っぽい背景の中で動いていたのが明るい白基調の背景の中で動きます。好きな人もいるのでしょうが、私には少し眩しく感じられたので以前の色を思い出しながら戻すことにしました。(不思議なことにWindows10Proのサーフェスだけはビルド
18362.267に今変わりましたが、以前の黒基調のデザインのままです)
色02

「設定」を起動し「個人用設定」を選択します。
色05

サイドバーの「色」を選択してから、右側の「色を選択する」の右側の下向き三角をクリックします。
色06

私は「カスタム」を選択しました。カスタムはタスクバーやスタートメニューの背景と、エクスプローラのフォルダーやアプリの色を違う設定にできます。黒にするとフォルダーやアプリまで黒くなるので慣れていません。今はフォルダーもタスクバーもすべて白になっています。
色07

既定のWindowsモードを黒にして、既定のアプリモードを白にしました。
これでもとに戻りました。
色04
一安心です。慣れた色に戻りました。白基調はどうも落ち着きません。
このスタート画面の貼り付けられたアイコンの色は、アクセントカラーで変更できますが、お好きなようにどうぞ。私はこのままです。


クリップボードを複数記憶させる設定-1903の新設定

配信当初は、いろいろ不具合の出たWindows10のバージョン1903。最近は落ち着いて不具合を感じることはない。どんどんOSに新しい設定が出来るので、なかなかついていけないが、マイクロソフトは設定が追加されることを進化と呼んでいるから、一応使えるようにはしておくべきなのだろう。

こういうブログを書いていると、画面コピー(スクリーンショット)をたくさん使う。
1903になってから、私はSnniping Toolをつかわなくなり、WindowsマークとシフトSを多用するようになった。ここで指定した画面のイメージはクリップボードに保存され、貼り付けやコントロールVで任意の場所に貼り付けることが出来る。テキストの中の一部をコピーするのもクリップボードに記憶される。

今まではクリップボードに記憶された内容は、いつも最新のものだけが保存されていた。
しかし1903では、設定でこのクリップボードを複数覚えることが出来るようになった。
複数覚えたクリップボードはWindowsマークとVを押して選択することが出来る。
(CtrlVでは最新のみが貼り付けられる)

この機能はデフォルトでは死んでいる。この機能を使うのはオプトインとでもいうのだろうか、自分で設定しないと使えない。便利な機能だから、オプトアウトでも良かったと思うが、なぜなのかはわからない。
設定画面システム

最初の設定は、当然ながら設定画面から、画面の中のシステムをクリックする。
クリップボード1

出てきた画面のサイドバーのクリップボードをクリックする。
右に出てくるメニューの中の「クリップボードの履歴をオンにする。
クリップボード2

これで、クリップボードを複数覚えることが出来る。
ところで上の画面イメージの緑枠の部分が面白い。
ここをオンにすると、他のデバイスでもこのクリップボードの中身を貼り付けることが出来るようになる。これは、Windows10PCにログインするときに同じマイクロソフトアカウントで複数台のPCにログインする人が使える機能。つまりマイクロソフトアカウントでログインしたPCで記憶したクリップボードは、他のPCで同じマイクロソフトアカウントでログインすると使うことが出来る。
クリップボード3

他のデバイスとの同期をオンにすると。その下の表示が変わり、
「コピーしたテキストを自動的に同期する」と「自動的に同期させない」のラジオボタンが出てくる。
どちらを選択しても面白いのではないだろうか?

さて複数覚えたクリップボード。ただ貼り付けだけでは選択できない。
CtrlVではなくWindowsマークとVを同時に押すと、今まで覚えたクリップボードが画面右下に表示される。その中から選択してクリックする。(冒頭にも書いたが重要なのでもう一度書いておく)

使ってみてそのメニューの表示は小さく薄いので、選択を間違うことがあった。もう少し大きく濃く表示してくれるともっと使いやすくなりそうだ。




HEIFファイル(拡張子.HEIC)をWindows10で開く

昨年の4月に「HEIFファイル(拡張子.HEIC)をjpegにする方法」という記事を書いた。
その時はWindowPCにファイルを送るときに、iOS端末の中でどう設定をしたら良いのかという視点で書いた。GoogleフォトやAMAZONフォトは対応しているから、WindowsPCで写真を見るときはAMAZON フォトやGoogleフォトで見ればよいので、HEICのままでも、あまり困ることはないと思っていた。

しかしどうしてもHEICのままWindows10で開きたい人もいるようで、周りの人からも何度か質問を受けたので、書いておく。最初に書いておくと、Adobeのフォトショップやサイバーリンクのフォトディレクター10をインストールしてあるPCはペイントでもフォトでも普通に開ける。

そういうアプリを使っていない人はどうするか?
HEIF

Microsoft StoreのHEIF画像拡張機能をインストールすれば良いとネットには書いてある。
ストアで探して入手ボタンを押すと、インストール済ですと表示されて起動ボタンが出る。
起動するとフォトが起動する。しかしHEICファイルは開いてくれない。

どうするか?
フォトでHEICファイルを開こうとする。フォトにHEICファイルをドラッグまたは、HEICファイルを開こうとする(フォトが既定のアプリになっていない場合は、右クリくしてプログラムから開くでフォトを選ぶ。
コーデック

するとこんな表示が出るので、MicrosoftStoreでコーデックをダウンロードするをクリックする。
HEVC

HEVCビデオ拡張機能の購入ページに行かされる。料金は120円。
これを120円払って購入すればフォトでも、ペイントでもHEICがみられるし、サムネールの中でも
画像としてきちんと表示してくれる。

購入はどうするか?マイクロソフトにサインインして、クレジットカードを登録しましょう。
私Office365ユーザーなら既にしていると思います。
私は、Xboxのゲームに2000円ほどチャージしていたので、そこから払った。




Wordの画像貼り付けを最初から前面に設定する

Wordをそれほど使うわけではないが、たまに使うとき、不便だと思うことがいくつかある。
ひとつは、何かする場所を選択してから、やることを指定するというWordのロジック。
コピーする場所を選んで、コピーし、コピー先を選んで、貼り付ける。

英語圏で作られたWordなのに使うときは、「どこの何をどうする」という日本語の文法的な動きが必要で、英語圏なら「何をするどこで」というような順番で作業することを考える方が自然だと思う。
私はよくシミュレーションゲームを楽しむが、その中では、例えば「水田を作る、どこどこに、だれが」
という順番で決めていく。

英語はできないが、こういうシミュレーションゲームに慣れているから、Wordの中のどこに貼り付けるという順番がどうもしっくりこない、貼り付ける、どこに、でも大丈夫なようにつまり両方大丈夫なように作れば、初心者もとりつきやすくなると思う。

前置きが長くなったが、オプションである程度自分の使い方に合わせることが出来る。
画像や図表を文章内に貼り付けるとき、Wordの初期設定は行内となっている。私にはこれが煩わしい。必ずと言ってよいほど画像は前面か背面にして使う。

だからオプションで前面を優先にしている。
行内を背面に

もちろんクイックアクセスツールバーに行内や前面を置いておく方法もある。昔はこれでやっていたが、それほど便利になったとは思えなかった。

念のために書いておく。
その他のコマンド

クイックツールバーの下向き参画のプルダウンメニューから、その他のコマンドを選択する。
その他のコマンド2

出てきたメニューの資格の中の基本的なコマンドをすべてのコマンドに変更する。
メニューはJISコード順に並ぶ。
前面は読みが「ぜ」行内は、「ぎ」ではなく」「こ」を探すと見つかる。

Windows10では有線LANと無線LANの同時接続は無意味

一番使用頻度が高いPCは最近Windows7からWindows10に格上げしたばかりのデスクトップPC。
富士通製で購入時はそれなりに良い性能だったが、無線LANは2.4GHzしか対応していないので、5GHzの11acはもちろんのこと11aも11nも拾うことはできない。私のデスクトップの一番速い無線LANは、ベストエフォート54Mbpsの11gだ。

そこでWindows7のころから、近くに無線LANルーターを置いて親機からそこまで無線で中継し、中継器から有線でつないでいる。有線と無線両方ともつないでいて、Googleのスピードテストでは上りも下りも100Mbps以上のスピードが出ていた。

無線の回線は切ってもつないでもスピードに変化はなかったから、おそらく有線のスピードだろう。それでも無線をつないだままにしていたのは、万一有線がダメな時でも、無線がバックアップ回線になるのではないかと勝手に思っていたからだ。

さてWindows10にしてから気が付いたのだが、起動時に有線LANしかつながらないのだ。
無線は接続されていない状態になるので、ネットワーク接続のアダプターの管理で有効にしてやって無理やりつなぐまではつながらない状態だ。
ネットワークアダプター

無理やりつなぐと(つまりネットワークアダプターでは、無線と有線と両方つながっているように見える状態)無線が優先されて有線LANがつながっていない状態になってしまう。
グーグルのスピードテストをするとよくわかる。

両方生きているように見える状態のテストはこうだ。
テスト1

無線を無効にするとこうなる
テスト2

インターネットで調べてみたら、レジストリーをいじるか、IPアドレスを無線用と有線用に二つ持たせればよいというようなことが書いてあったが、仮に両方生きてもセブン時代と同じように有線の速度になるだけなので、無線はつながないことにした。

Windows10の完全者っとダウンから起動すると、自動的に有線LANだけがつながるのは、仕様なのだと思うことにした。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ