ミキパパのリタイア日記

埼玉県の某市に単身赴任していて「単身赴任日記」を書いていましたが、2015年末にリタイアして自宅に戻りました。 ブログは雑記帳のようなものですが、パソコンやスマホの使い方で知らなかったことや疑問に思ったことを書いたり、購入して使ってみたものの感想を正直に書いています。2015年12月22日に、累計訪問者が28万人になり、PVが80万を超えました、2019年7月19日ではUUが6809千人、PVが1509千人となったようです。見に来てくれて、ありがとうございます。

日常の出来事

アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入

先日はじめてのアクションカメラを購入して色々試しているとき、バッテリーを外した時に時計が止まるのはとても不便だと思い調べてみたら、ファームウェアのバージョンを上げるとバッテリーを外しても時計が止まらなくなると言う記事を見つけました。

早速サポートにメールすると30分もしないうちに返信が来て、バージョンアップ用のZIP ファイルが添付されていました。
購入時のバージョンは更新日が2018年1月でバージョン番号は、R320170923V1.0でした。
添付ファイルをダウンロードして、右クリックして「すべて展開」にしてフォルダの中身を昔使ったことがある2GB のマイクロSDにコピペしました。現在は64GBぼマイクロSDがさしてあります。

カメラを起動すると数秒間画面真っ黒でランプが点滅となり10秒ほどで終了しました。バージョンはV1.0という単純な番号に変わり、更新日が2018年5月18日となっています。2019年8月に購入したんだから、最初からこのファームウェアを入れておいてほしかったです。
アタッチメント

アクションカムには、いろいろアタッチメントはついていましたが、身体に固定したり、クルマのダッシュボードに固定するにはアタッチメントが不足気味です。Gopro用のアタッチメントセット(サードパーティ製です)を買いました。2420円でした。
image1

届いていろいろ試したらネジのサイズとネジ穴は共通ですが、質感や厚さが違っていました。カメラに最初から付いていたアタッチメントは華奢で今回のものは丈夫そうに見えます。プラスチック同士で差し込むアタッチメントは、最初からついていたものと今回のものは互換性がありませんでした。やはりGoPro用だからモノがいいのかもしれません。

さて、今週の休みは明後日。いろいろ試し録りをしてみたいと思います。

初めてのアクションカム体験

アクションカムを使ってみたいと思っていました。
GoProやDJオズマのような高級品を買っても、どこまでちゃんと使うかわからないので、最初は入門機として安いものを選択しました。

安いものは3000円代後半からありますが、Youtubeのレビューを見てその上のレンジである8000円前後のものを選ぶことにしました。YoutubeでいろいろなYoutuberさんが褒めているのはMusonですが、私は
RUNMEのアクションカムにしました。理由は3000円引きのクーポンがあり、実質5000円代で買えたからです。
image1

一応4K で 2.45インチ 液晶タッチディスプレイがついています。
静止画は16MP 。170度超広角レンズ とSONYのセンサーがついていて、 手ぶれ補正もありハウジングでは30M防水です。
image4

首からぶら下げるときはカメラが逆さになるので、画面が逆さになるモードがあります。
4Kやハイビジョンの60fpsは重すぎるので、私はフルハイビジョンの30fpsde撮影することにしました。ハウジングの液晶画面の上になるところを、タッチパネル用にして防水機能を少し犠牲にして使いやすくしました。

開いてみると、本体の色が白でした。申し込んだときは黒だったと思うのですが、届いたのはなぜか白。白はきれいですが、ガラスの向こうを撮影するときにカメラがガラスに写ることがあるので、黒が良かったですが、あとからアマゾンの商品ページを見ると白でした。これでは文句を言えない。GoproはMusonは本体が黒いから失敗したと思いました。

今日は撮影してみました。行田の古代蓮の里に行き、蓮の中を歩きながら撮影したり展望台の上から田んぼアートを撮影したり。本当は田んぼアートの画像を出したいのですが、今年はラグビーの選手の絵なので肖像権や著作権の問題がありそうなので発表できません。
行田市のHP で確認してください。
さて便利だと思った機能は画像を逆さにする機能。
ネックストラップで首から下げるとカメラが逆さになります。その状態で録画するときには画像を逆さにすると普通うに映ります。

ネックはバッテリーです。1000mAhのバッテリーが2つついていますが、ひとつで連続1時間です。2000mAhか3000mAhのものが欲しいです。

特殊な形状の天井照明器具につけるアダプター

先日、便利なセンサーライトのある生活という記事を書きましたが、実は一箇所だけ照明器具が特殊で、センサーライトがつかない廊下がありました。その証明はこんな形で口金がE17。
image2

E17サイズのセンサーライトは少ないのですが、何とか見つけて取り付けましたが、写真の電球の先っぽのでべそのようなセンサーが横を向いているので、人を感知しません。
image1
Amazonでこのライト用のソケットを見つけました。税込み443円でした。
届いたものを今までの電球と並べてみると、ちゃんと入りそうです。
image3
取り付けてから電球をつけると、今度はちゃんと下を向いてくれます。センサーも働くようです。これで廊下と階段まわりは全てセンサーライトになりました。
センサーライトはコンプリートですが、次は寝室をスマートリモコンとAmazonエコーでコントロールできるようにしたいのです。
image4

先日のプライムデーでポチりましたが、エコーはまだ届きません。
8/14頃と連絡が来ていましたが、先ほど8/3になりそうだとメールが来ました。
設定、めんどくさいかも・・・。トライします。

シュレッダーの紙詰まりのお手入れ

昨日は千葉市のホキ美術館に行きました。ちょうどスペインの写実画が60点ほど来ていて、日本の写実画との違いを見たいと思ったからです。
IMG_4630

とても良かったし満足でしたが、すでにBSのぶらぶら美術館めぐりと、NHKエドケーショナルの日曜美術館で紹介されているので、かなりの入館者数がありました。といっても東京の美術館のような混雑ではありません。カフェやレストランは予想以上の入場者の所為か、入れないとか品切れ料理がいくつか出ていました。
image3

帰ってきて、DMやら請求書やらクレジットの控えをシュレッダーにかけていたら、急に紙を吸い込まなくなりました。数日前に使ってから湿度が高い日が続いたので、紙の破片が湿って固くなったのかもしれません。そうすると昨日のブログ記事の時計についている湿度計の数字70%前後は正しいのかもしれません。
シュレッダーは家庭用としては少し高いもので9千円ほどのものです。一度にA4用紙が5枚まで入ります。電源プラグをコンセントから抜き、シュレッダー部分を本体から外すまでは、道具がいりません。
image2

裏から見ても、紙くずは取れそうにありません。
そこから上蓋を外すときにドライバーが必要です。ネジが入っている場所が壁のの近くなので、電動ドライバーが使えません。ネジは全部で6箇所ありました。
image11
すべてのネジを外しても、蓋がPCのマザーボードのような役割を果たしているらしく、完全には外れません。
image6

それでも挿し込み口の穴は掃除できそうです。この写真でもたくさん詰まっているのが見えます。
image8

細いドライバーでガリガリやってあげます。写真のドライバでは少し太かったのでこのあと細いものに変更しました。右手でドライバーカリカリ、左手で掃除機を持って吸い取りながら作業を続けます、歯医者と歯科衛生士がドリルと吸引器を同時に動かしている様子を想像しました。
image10

なんとかきれいになり、戻して紙を差し込んだら、今度は動いてくれました。
これで高いシュレッダーを買い換えずに済みます。
今日はAmazonで探したくない気分でした。

先日購入した人感センサー付きLED 電球がソケットに合わなかったのです。すぐに返品しようかとも思いましたが、この場合は私の責任だから送料は私が負担です。電球とほぼ同じ金額なのでそのまま保管することにしました。
image14

買ったのはE17口金のセンサーライト。廊下の一箇所の天井についている証明がE17で特殊なのです。小さな人感センサーLED ライトを付けていますが、電球が斜めなので、センサーも斜めで効果がないのです。Amazonで見つけたE17人感センサーライトはセンサー部分が斜めについていて回るのです。つまり斜めにつけても下を向く。サイズがわかりにくかったのですが6☓12.5cmと書いてありました。そこに気がついていれば買わなかったのですが。E17はほとんど豆球サイズだと思いこんでいました。
image13

届いたらこんなに今までの電球とサイズが違いました。
買うときは良く見ないとだめですね。自分が悪いのですが、今日はAmazonでシュレッダーを探す気にはなれませんでした。

カレンダーと温度湿度計付の電波掛け時計を使ってみた

我が家の時計はほとんどが電波時計です。
腕時計のひとつは、、iPhoneとブルートゥースでつながるので、電波ではなくインターネットで時刻調整するタイプです。いずれにしろ概ねいつでも時刻があっているので気持ちがいいです。

ところが、クルマに標準でついている時計は単なるクォーツで頻繁に時刻合わせが必要なので、なんとかならないものかといつも思います。カーナビの時計は衛星とつながっているから、おそらく正しのだと思います。クルマのダッシュボードに2つ時計があって、その2つがいつも違う時刻を表示するのはとても気になります。エコカーだから仕方がないのかもしれません。

壁の時計の一つが、変な時間を表示するようになりました、電池を交換して強制受信をしても全く合いません。思い出してみれば、この時計は我が家で20年以上動いています。出費は痛いけどAmazonで壁掛け時計を探すことにしました。
IMG_4928

色々見た結果、リズム時計の商品がカレンダーと温度計と湿度計がついています。たまに今日何日?と思う時、PCがついていればすぐに分かるのですが、そうでないときはカレンダー見ても曜日もわからず、新聞を探したり、iPhone見たりiPad見たり・・・なので時計にカレンダーが付いているのは便利だろうと思いました。
IMG_4925

AMazonでポチって翌日届きました。アマゾンの箱の中で、二重にダンボールに入っています。ダンボールを開くと、緩衝材の発泡スチロールに壁掛け用ネジクギがささっていました。ダミーで温度や日付が印刷されたシートが貼ってあります。電池は単3電池が2本です。テスト用という名目で2本入っていました。
IMG_4926

強制受信して。取説に書いてあった時間より早く、約10分で時刻が合いました。
カレンダーには六曜が出ています。取説では2030年まで表示すると書いてありました。

水銀式の温度計と時計の温度計を比較したらほぼ合っていました。湿度は70%前後からさがりません。外は雨なのでこんなものかもしれませんが、高すぎるような気もするし、なんとなく信じられません。
しばらくしてから何気なく時計を見た時、23日のはずなのに、28日と表示しているように見えました。よく見たら、28.8度のコンマ8が日という感じに錯覚して見えたようです。

こういうデジタル表示は、わかりにくいと思いました。
温度が日付に見える
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • モバイル通信オフのときの着信(docomoの場合)
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • Nature Remo MiniとGoogle Homeアプリ
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEchoの通話のためのSMS設定
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • AmazonEcho(Alexa)で有効にしたスキル
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
  • アクションカメラのメンテナンスとアタッチメント購入
日本ブログ村
今日は自分で購入してよかったと思う物や、パソコンやスマートフォンの使い方をメモ的に書いています。買ってあまり良くないと思ったものは、そのことを正直にかいてしまいます。
ブログ村のシニアカテゴリー(男性シニア)に参加しました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ